ごあいさつ

院長ごあいさつ

昭和57年7月に南平整形外科を開院し、34年間にわたって奈良県葛城市(旧 北葛城郡當麻町)尺土の地で、地域の整形外科疾患の診療に従事してまいりました。このたび、診療所の尺土駅前開発の移転勧奨のタイミングで新しく「南平整形外科リウマチ科」として新築開業することになりました。新医院では整形外科、リウマチ専門医である南平昭豪医師を迎え、従来の整形外科診療に加え、関節リウマチ診療にも力をいれて地域の皆様方の健康、身体活動性の向上に努めてまいります。

皆さまのかかりつけ医として、大きな病院ではなかなか相談できないほんの些細なことでもご相談いただければと存じます。当方の提供できる専門知識をできるだけわかりやすく説明させていただき、納得のできる医療を提供できるようにつとめさせていただきます。

また当院は駅からのアクセスもよく、駐車場も十分量完備しておりますので、遠方からお越しの患者さまにもご利用しやすくなっておりますので、ぜひご活用ください。

これからもよろしくお願い申し上げます。

南平整形外科リウマチ科 院長 南平克積

副院長ごあいさつ

「南平整形外科リウマチ科」の副院長に就任しました南平昭豪(なんぺいあきひで)と申します。私はこの地で生まれ育ち、大阪で医師としての研鑽を積んでまいりました。

当初10年間は整形外科一般について、大学院ではリウマチと骨の研究に従事し、直近10年間は関節リウマチを専門に診療、手術を行ってまいりました。手術を必要とする変形が出来上がってしまった患者さまを診ていて、いかに変形が進行する前に的確な診断と適切な治療を行うことが大事なのかを痛感しました。

そのためには最初に患者さまと接する機会の多いプライマリケア医としての開業医が、最新の専門知識と技術をもってして診療にあたれば、多くの患者さまが快適に暮らせる手助けができるのではないかと考えています。

また、たとえ罹病期間が長くなって変形が進行してしまったとしても、薬や注射やリハビリテーションで病状・疼痛をうまく調整し、機能障害を少なく快適に生活ができる方法を提案・治療させていただきます。その上で手術加療が最善と考えられる場合には最善のタイミングで手術療法を提案し、適切な治療が行える医療機関を紹介させていただくことができます。

地域の皆様に安心・信頼していただける医院を目指して努力してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

南平整形外科リウマチ科 副院長 南平昭豪

Copyright © 2018 Nampei Orthopedics Medical Corporation All Right Reserved.